Message for Graduates 卒業生の方

キャリアセンター
餘吾清司

こんにちは。キャリアセンターの餘吾です。
東京ウェディングカレッジは、卒業生の皆さんをサポートしていきます。各種証明書発行のほか、求人の紹介をはじめとしたキャリアアップサポートも行っています。
私たちは卒業生の皆さんの活躍を聞くのが何よりの喜びです。後輩の励みにもなりますので、いつでも学校に足を運んでください。

同窓会について

専門学校東京ウェディングカレッジの同窓会は卒業生相互の親睦と本校の教育振興を目的として毎年8月に行われる同窓会を基盤として活動しています。

活動報告

同窓会では、卒業生を応援する活動とともに、卒業生同士の情報共有や意見交換ができるネットワーク作りを行っていきます!
今後は同窓会を通じてウェディング業界の人材育成や、社会貢献活動の情報発信を行っていきます。
全国にいる卒業生のみなさん、母校東京ウェディングカレッジと共にこれからのウェディング業界をさらに盛り上げていきましょう!

Facebookページのご案内

本校公式のフェイスブックページです。卒後のご登録をお願いします。

住所変更手続きについて

ご住所・ご氏名にご変更がありましたら、キャリアセンターまたは学生サービスセンターまでご連絡をお願いいたします。

専門学校 東京ウェディングカレッジ
TEL : 03-5676-3901
E-mail : info@wedding.ac.jp

転職・再就職支援

転職・再就職をご希望の方はキャリアセンターまでご連絡ください。

証明書の発行

各種証明書の発行手続き、お問合せは下記をご確認ください。

窓口での申請

受付時間 9時~17時(月曜~金曜)

・在学時と同様に、証明書発行願を記入し発行手数料分の証紙を購入後受付に提出してください。
・即時、発行とはなりません。受け取りに来られない場合は切手を貼った返信用封筒をご用意ください。
・本人確認のため身分証明できるものをご持参ください。

郵送での申請

証明書発行願を記入し、切手を貼った返信用封筒、発行手数料を同封し必ず現金書留で郵送してください。
切手または郵便為替での発行手数料は受け付けていません。

※証明書発行願がプリントできない場合は、以下を記入した用紙でも受け付けます。

1. 卒業学科名
2. 在学時の学籍番号
3. 氏名(フリガナ)結婚等で名字がかわっている場合は旧姓
4. 生年月日
5. 現住所
6. 電話番号(自宅及び携帯)
7. 必要な証明書名と部数
8. 用途および提出先
9. パスポート記載の名前(アルファベット)/国籍→※英文の証明書のみ必要

卒業証明書 …… 300円 成績証明書 …… 500円返信用封筒サイズ 長形3号(定型)

住所・氏名を記入の上、以下の切手を貼付してください。
証明書 1~2通:82円切手
証明書 3通:92円切手
速達の場合:+280円

証明書発行手数料・発行日

卒業証明書
手数料 300円
発行日(土日休日含まず) 受付日から3日後
英文卒業証明書
手数料 1,000円
発行日(土日休日含まず) 受付日から約1週間後
成績証明書
手数料 500円
発行日(土日休日含まず) 受付日から約1週間後
英文成績証明書
手数料 1,000円
発行日(土日休日含まず) 受付日から約3週間後

※所定の証明書用紙がある場合は、発行願時にご提出ください。
(手数料は証明内容により異なりますので事前にお問合せください。)
※改姓されている場合も在学時の姓での発行となります。

その他証明書類に関するお問い合わせ・郵送先

その他の証明書をご希望の場合は、お問い合わせください。
※注)証明書発行の受付は窓口または郵送のみとなります。 ご注意ください。

〒134-0088 東京都江戸川区西葛西3-1-15

専門学校 東京ウェディングカレッジ
学生サービスセンター宛

TEL : 03-5676-3901
FAX : 03-5676-3903
E-mail : info@wedding.ac.jp

奨学金関連について

日本学生支援機構の奨学金

卒業生で在学中に日本学生支援機構の奨学金を借り受けていた皆さんは、卒業した年の10月から返還が始まります。
振替口座に残高があるか確認してください。卒業前に手続きした銀行口座から引落しとなります。

奨学金とは・・・

皆さんの返還したお金が、後輩の奨学金になります。
奨学金事業は、一人ひとりが「返還する」という奨学生としての責任を果たすことにより はじめて成り立っています。
先輩たちがきちんと返還したからこそ、皆さんも奨学金が借りられたのです。
制度をご理解いただき、約束どおり必ず返還してください。

延滞すると・・・

日本学生支援機構では、本人(勤務先も含む)、連帯保証人、保証人に対して、文書と同時に電話でも督促を行っています。
また、約束の返還期日までに返還されないと、延滞金が課されます。
延滞すると、連帯保証人や保証人へ請求書が送付されることになります。

長期間延滞すると・・・

また、個人信用情報機関に延滞者として登録されます。
登録されると、クレジットカードが発行されなかったり、利用が止められることもあります。
そのため、各種料金(公共料金や携帯電話等)の引落し、ショッピング(インターネット含む)やキャッシング等ができなくなる場合があります。
また、各種ローンが組めなくなる場合があります。

返還が困難になったら・・・

割賦金額の減額または返還期限の猶予を願い出ることができます。所定の手続きが必要となりますので、 早めに日本学生支援機構へ相談してください。

詳しくは、機構の返還期限猶予のページをご覧ください。

返還に関する疑問や相談については、学生支援機構の「奨学金返還相談センター」に直接お問い合わせください。
※転居・氏名の変更、返還期限猶予手続きの必要などがあった場合は、そのままにせず必ず連絡してください。

奨学金返還相談センター

全国共通(ナビダイヤル)

電話:0570-666-301

月曜~金曜(土日祝日・年末年始除く)
8時30分~20時00分

困ったこと、悩んでいることなどありましたら、遠慮なくご連絡ください。

※日本学生支援機構のサイトに移動します

ページの先頭